〒630-8312 奈良市十輪院町27
TEL.0742-26-6635
寺宝の紹介

不動明王および二童子立像

護摩堂に祀られています。智証大師の作といわれています。
髪を巻髪にし、左肩に弁髪を垂らし、左目を細め、左の上牙と右の下牙を見せて唇を噛む忿怒相を示しています。右手に剣、左手に羂索を執り、二童子を従えて岩座上に立っています。
向かって右方の矜羯羅(こんがら)童子は合掌して不動を見上げ、左方の制多迦(せいたか)童子はやや腰を曲げて振り向きながら不動を見上げています。
平安時代後期には、恐ろしさの中に優美さを求め、ふっくらとして、装飾性豊かな不動明王が現れますが、この像もその系譜を引いています。
古くより、『一願不動尊』として信仰を集めています。


護摩堂

護摩堂 内陣

不動明王(一願不動尊)

せいたか童子

こんがら童子

<クリックで拡大して見ることができます。>