〒630-8312 奈良市十輪院町27
TEL.0742-26-6635
こころの便り
六道輪廻(ろくどうりんね)
子供に「死んだらどこへ行くの?」と聞かれたら、おそらく「天国へ行くんだよ」と答えるでしょう。気に食わない人には「死んで地獄へ行けばいいんだ」と言いたくなります。私たちは死後どこへ行くのでしょうか?

仏教では死後の世界として、6つの世界を示しています。「六道」と言います。地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の世界です。

地獄の世界は苦しみだけの世界。
餓鬼の世界はいつも飢え、渇きに苦しむ世界。
畜生の世界は欲望のままに生きる世界。
修羅の世界は争いばかりの世界。
人間の世界はいろんな心を持つ世界。
天上の世界は喜び、楽しみがあるが、長続きしない世界。

死後我々はこの6つの世界をぐるぐる回ります。 これを「六道輪廻」と言います。

これら六道は迷いの世界です。我々はこの六道から抜け出さなくてはなりません。抜け出すことを「解脱(げだつ)」と言います。そのためには修行が必要になります。先祖供養はその修行を助けるために行います。

しかし、六道は死後の世界にだけあるのではありません。現実のこの世の中に歴然として存在しているのです。

世の中真っ暗、どん底の奈落に落ち込んだ時、これが地獄の世界です。ちなみに奈落とは地獄のことです。

食べるものがない時、少しの食べ物を奪い合います。餓鬼の世界です。子供はガツガツ食べるのでガキと言います。

いろんな犯罪を犯す者は欲望のままに行動します。畜生の世界です。

世の中には戦争が絶えません。戦いの後は修羅場と化します。修羅の世界です。

喜怒哀楽の世の中、人間の世界です。

良い事、楽しい事、何事も長続きはしません。天上の世界です。「有頂天になる」といいますが、この有頂天とは天上界の中で最上の世界を指します。

私たちは生きているあいだに、これら6つの世界を経験します。これらの世界から抜け出したく思います。どうすればいいのでしょうか?

精神的な修養を積む以外にはありません。これが仏教でいう修行なのです。完全に抜け出すことは出来ません。少しでもこれらの6つの世界から離れる努力をしなければなりません。そうすれば、あなたは仏様のような人になって行くでしょう。